' . "\n"; ?> 拒食症と診察

拒食症と診察

ホームへ戻る > 拒食症と診察

賃貸の家賃交渉
矯正歯科でスピード矯正(AOO)
口コミで人気のBBクリームとは
一戸建ての資産的価値
ウェディングドレスとベールの選び方

拒食症は自分で解決することは非常に困難です。症状が悪化してしまった場合には医師のもとで治療する必要がありますし、そのためには早めの診察が重要になってきます。とくに周囲の人間が状況の変化を早めに察知し、病院へと連れて行くことが求められます。では、拒食症の診察が必要だと判断させるポイントにはどのような点があるのでしょうか。


栄養をしっかりと摂っていないため、心身にさまざまな影響が現れます。たとえば度々、意識が朦朧としている状態。これは低血糖に陥ることで起こるものです。それから全身に力が入らない状態。何か物を持とうとしても思うように握れない場合などは要注意。これは低カリウム血症にかかっている疑いが濃厚です。

それから食事を摂ろうと思っても吐き出してしまう場合。これは非常に多いケースです。精神的なものも原因にあるのですが、脱水症状や腎不全が発症している可能性がありますし、さらに逆流性食道炎などによって吐血する可能性もあります。そのほか正常に歩くことができない、体を動かしているわけでもないのに筋肉に痛みが走るといった症状も見受けられます。


見た目で判断することも大事です。目安としては1ヵ月に5kg以上の体重減があった場合。見た目にも肉が落ちているのがハッキリと分かるはずです。その上で体力の消耗などが見られる場合は要注意となります。そして精神状態。うつ状態がみられる、あるいは極度な問題行動が見られる場合も拒食症が関わっている疑いが濃くなります。


こういったシグナルを周囲の人間がどれだけ早く察知できるかも、その人を救う重要なポイントとなるのです。