' . "\n"; ?> 土地の法的な規制

土地の法的な規制

ホームへ戻る > 土地の法的な規制

賃貸を下見する際のコツ
注文住宅購入のための住宅ローン
マイホームは中古か新築か
工務店で注文住宅を
住宅は地元の工務店で

建設建設の際の建ぺい率、容積率、北側斜線、道路斜線などの簡単な規制をチェックしていくことも大切でしょう。土地には無限の大きさ、無限の高さの建物が建設できる訳ではなくて、法律で規制されています。それは多くの場合、近隣との関係であり、共に生きるという姿勢で考えると良いと思われます。


たとえば、近隣で火災の場合の延焼の防止・予防や近隣の通風の確保・日照の確保などです。そうしたもののために、規制があると思えば、自分の住宅もそうした規制に守られているということがわかります。こうした法律による規制に関しては、区役所もしくは市町村役場の都市計画課、建築課に出向けば、教えてくれます。もちろん、施主だということは明かさなければなりません。またこうした建築の規制に関しては書店で建築法令集などという辞典のような法律書が売っていますので、読んでみるのもためになるかもしれません。ただ法律集なので、難しいです。易しい解説などではなくて法律の条文です。

その他、前面道路の情報、また近隣の計画道路の有無は道路課へ出向き、尋ねれば教えてくれるでしょう。また土地、あるいは道路のどの辺りに、上水道管が入っていて、埋設の深さはどれくらいか、どの程度の口径なのか、そしてその変更などの情報は上下水道局へ出向くと得ることが出来ます。こうした土地の情報は、整理して、まとめて、一度に役所で済ませるのがおすすめです。