' . "\n"; ?> 進行する歯周病をしっかりと治療するなら北村歯科

進行する歯周病をしっかりと治療するなら北村歯科

親知親知らずは、20歳前後に生えてくる一番奥の歯のことです。

生える隙間がないと横向きに生えてきたり、歯磨きをしても奥まで届きにくいため、虫歯になる確率がかなり高く、多くの人は抜いてしまいます。状態の悪いまま放置しておくと、最悪の場合は他の健康な歯にも影響を及ぼしてしまいます。

例えば、親知らずが前に押し出される状態で生えてくると、1つ手前の奥歯と重なった部分が虫歯になったり、全体が前に押し出されて前歯の噛み合わせがずれてくることもあります。

では、親知らずを抜くタイミングはいつが良いでしょうか。

生えてからすぐが一番良いタイミングと言われています。時間がたち虫歯になってしまうと麻酔が効きにくく、痛みを感じて歯を抜くことが苦痛になります。

また、かなり時間が経過してしまうと骨と引っ付いてしまい抜くことが大変になります。


通常、親知らずは4本生えますので、最初に抜く1本で恐怖を感じてしまうと残りの3本を抜くことに躊躇してしまいます。全てを抜く必要性は人によって様々ですが、なるべく恐怖を残さずに次の抜歯に備えることが良いでしょう。


正常に生えている親知らずだと15分程度で抜くことができますので、抜く必要がでてきたら勇気を持って歯医者へ行きましょう。